科学技術社会論

作動中の科学 science in making

「作動中の科学」とは、科学者が持っている「科学というものは研究によってその内容が日々変化し続ける」という科学者自身が持つ科学観である。一方、科学者が持つ「作動中の科学」という概念とは反対に、一般の人々の持つ科学観を「固い科学観」と呼ぶ。これ...
科学技術社会論

「固い科学観」と「柔らかすぎる科学観」

以下の本を読んだ。 この本は題名にあるとおり、科学技術社会論に関する論考を集めた本だ。この本の第2章「ものの見方を変える」(藤垣裕子)では、「固い科学観」という概念が出てくる。 「固い科学観」とは一般の人の科学に対する考え方を表した表現であ...
PR

AI OCR×RPAで仕事の効率化!【業務効率化ツールの紹介】

AI OCRやRPAについてご存知でしょうか。これらの技術は仕事の効率化に大きく貢献します。本記事では、AI OCRとRPAについて説明しています。最後に、これらの技術を組み合わせたツールも紹介します。
PR

制作実績(記事監修)-レバテック株式会社様

レバテック株式会社様の記事監修を致しました。
意識の科学

コンピュータと脳の記憶の違い

前回は、深層学習と脳の学習の違いについて述べた。 この深層学習と脳の学習の違いがなぜ生まれるのか。その違いは、コンピュータと脳の記憶の仕方の違いも関係するかもしれない。 脳の記憶の仕方 池谷裕二『記憶を強くする』講談社(2001)によれば、...
意識の科学

深層学習と脳の学習の違い

深層学習は脳の構造を模したつくりをしている。 深層学習では、パーセプトロンと呼ばれるものを何層にも重ねたニューラルネットワークが利用されている。このパーセプトロンが、脳でいうところのニューロンに対応しており、脳ではニューロンがシナプス結合を...
意識の科学

森田真生「子どものように考える 2023初秋」

本日、森田真生さんのトークイベントがあった。 このトークイベントは森田さんがミシマ社のHPで連載しているものと連動している。 生き物には、「感じる」という行為と「動く」という行為がある。これまでの科学は、「動く」という行為の方に注意が向いて...
スポンサーリンク